ルプルプ泡タイプの白髪染めに副作用はあるの?

ルプルプ泡タイプの白髪染めに副作用はある?ルプルプ泡タイプの副作用について紹介します。他にも口コミや一番お得な販売窓口なども合わせて紹介しています。ルプルプ泡タイプが気になっている方はぜひチェックしてみてください。

ルプルプ泡タイプに副作用はある?

ルプルプ泡タイプの白髪染めは、頭皮や髪にやさしくて使い方も簡単!と口コミで人気が広まっています。

ですが、少し気になるのは、副作用のことです。

せっかく白髪をキレイに染められても、頭皮や髪のトラブルになっては意味がありません。泡タイプのルプルプには、副作用やお肌への悪影響はないのでしょうか?

そこで、ルプルプの副作用と安全性について調べてみました。

白髪染めで副作用といえば、ジアミンアレルギーが代表的なものです。

ジアミンが配合されている白髪染めは、染色力が高く、染め上がりは良いのですが、人によってはかぶれることがあります。

ですので、ジアミンには注意が必要です。

では、ルプルプ泡タイプには、ジアミンが配合されているかというと、ジアミンは含まれていません。

天然染料を多く使っており、9つの添加物無添加なので、お肌にもとてもやさしいです。

念のため、全成分もご紹介します↓

水、LPG、ベンジルアルコール、エタノール、BG、グリセリンソルビトール尿素、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、ガゴメエキス、ゼイン、ベニバナ赤、クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキス、ヒアルロン酸Na、セラミドNP 又は セラミド3、グリシン、ラベンダー油、ローズマリー葉油、オレンジ油、水添コメヌカ油、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ステアルトリモニウムブロミド、結晶セルロース、炭酸水素アンモニウム、乳酸、エチルヘキシルグリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル、オレイン酸フィトステリル、DPG、イソプロパノール、塩基性青99、 HC青2、塩基性茶16、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、HC黄4、HC黄2、塩基性赤76、ステアリン酸グリセリル

まれにアレルギー反応を起こす成分もありますが、ほぼ安全性の高い成分でできています。

白髪染めの中でも、低刺激な処方ですので、普通の肌質の方であれば問題ないと思います。

そうは言っても、人によって刺激になる成分も変わってきますので、絶対にトラブルがないとは言い切れません。

お肌のかぶれやすい方は、一度パッチテストをされてからご使用されると良いと思います。

幸い、ルプルプ泡タイプにはを公式サイトの初回価格で購入すると、全額返金保証もついています。

肌が敏感な方は、まずは返金保証付きでお試しになれば安心ですね。

 

 >>ルプルプ泡タイプ全額返金保証付きはこちら